個人向けローンでお金を借りる!ブラックでも審査に通る可能性もあり

個人向けローンでお金を借りる
スポンサーリンク
こんな人におすすめ

審査が甘い個人向けローンでお金を借りたい

お金を借りるなら個人向けローンがおすすめ

個人向けローンとは法人ではなく、個人を対象にしたローン全般です。

住宅ローンや教育ローン、オートローンなどの目的ローンも含まれますが、一般的には多目的ローンのキャッシングやカードローンを指すことが多いです。

多目的に使用できる個人向けローンの魅力は、素早くお金を借りることができることでしょう。

ローンの申し込みをする人は、早急にお金が必要な状況に置かれているのが普通です。

来月分の家賃を確保するためにカードローンに新規で申し込みする人は少数派で、多くは数日後に控えた引き落としに対応できずに借りるというケースです。

多目的ローンは最短即日で借りることができ、もし審査が長引いても数日以内に借りられるのが普通なので、緊急時に利用する人が目立ちます。

スポンサーリンク

おすすめの個人向けローン

J.Score(ジェイスコア) のAIスコア・レンディング

審査あり
対象年齢20歳〜70歳
限度額10万円~1,000万円
金利 (年率)0.8%~15.0%
借入方法銀行口座へ振込
返済方法銀行口座から自動引き落とし、Pay-easy(ペイジー)での支払い、銀行振込での支払い
公式サイトhttps://www.jscore.co.jp/
J.Score(ジェイスコア) のAIスコア・レンディングの特徴

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクが合弁で設立した会社なので、安心してお金を借りることができます。

J.Scoreは、AIが判定するAIスコアに応じてお金を借りることや金利・借入の限度額を決めるAIスコア・レンディングと言うシステムが採用されています。

一般的にはお金を借りる場合には、収入や勤続先・雇用年数などを数値化して借入の可否や借入限度額が決まるシステムになっていることが多いのですが、AIを使って審査をおこなう点が従来の方法とは少し違う点になります。

AIでおこなう審査は従来の勤続先や収入・勤続年数に加えて、趣味や嗜好、性格など金融商品の審査に影響がなかった情報などもスコア化されて総合的に判断されるといった特徴があります。

金利は年0.8%から15%の間になり、他社の信販系のカードローンの金利よりも低金利に設定されているのでとても借りやすいです。

J.Score(ジェイスコア)でお金を借りる際には条件を満たす必要があり、1000点満点中600点以上のスコアが必要になってきます。

審査の際にはみずほ銀行のビックデータとAIを活用しておこなわれます。

CREZIT(クレジット)

審査あり
対象年齢20歳以上
限度額10万円〜50万円
金利 (年率)0.0% ~ 15.0%
借入方法銀行口座へ振込
返済方法銀行口座から自動引き落とし
公式サイトhttps://crezit.jp/
CREZIT(クレジット)の特徴

CREZIT(クレジット)は、デジタルネイティブ向けを対象にしているスマホ完結型のモバイルクレジットサービスです。

20代から40代の若年層をターゲットにしていて、将来に向けての活動する資金繰りをサポートする目的があり、10万円までの少額のローンサービスを実施しています。

運営会社はCREZIT株式会社になり、2019年に創設された比較的新しい会社です。

他社の信販会社に比べて顧客第一の金融サービスを提供してるといった特徴があります。

審査に通るためには条件を満たす必要があります。

その条件は20歳以上であることになり、成人していれば誰でも利用することができるので、ハードルが低くお金を借りやすいといった点が魅力です。

20代から40代の若年層の場合、返済能力が乏しいと判断されることが多く他社でお金を借りることが難しいことがあるのですが、CREZIT であれば審査に通りやすいので若い方に人気があります。

またクレジットヒストリーが審査で重要視されないことから、金融事故を起こしってしまった過去があっても融資を受けることができる点が最大の魅力です。

貸付の審査には職業や収入など記載する必要が無いので、働いていない方でも融資を受けることができる可能性があります。

スポンサーリンク

新生銀行スマートマネーレンディング

審査あり
対象年齢20歳〜70歳
限度額10万円〜100万円
金利 (年率)5.7%~14.8%(金利優遇適用後4.5%~14.6%)
借入方法d払い残高へチャージ、銀行口座へ振込
返済方法銀行口座から自動引き落とし
公式サイトhttps://www.shinseibank.com/powerflex/smoney/
新生銀行スマートマネーレンディングの特徴

新生銀行スマートマネーレンディングの特徴は、ドコモ回線を契約している方限定のローン商品を提供しています。

ドコモ回線を契約している方に、いろいろなメリットが大きい個人向け無担保ローンの商品になります。

ドコモ回線の契約年数に応じて、最大年1,0%の金利が優遇されるのでドコモ回線の契約が長ければ長いほど優遇されるシステムになっています。

さらにレンディングマネージャーアプリで商品専用のマネーフォワードと連携することで、最大年0.2%の金利が優遇されるので非常にお得に利用することが可能です。

お金を借りる際は利用シーンに合わせて、銀行振り込みかd払い残高に振り込みすることができます。

d払い残高にいたっては、365日振り込みが可能なので便利です。

返済方法は銀行口座からの引き落としになり、ちょっとお金に余裕がある場合には、臨時返済の利用も可能になります。

新生銀行スマートマネーレンディング は、ドコモ回線の携帯やパソコンウェブ上で申し込みから契約・借入・返済を全て完結することができる点が魅力です。

契約額は10万円から100万円になり、借入利率は5.7%から14.8%になります。返済額は最低2000円からになるので無理の無い返済をすることができます。

三井住友カード カードローン

審査あり
対象年齢20歳〜69歳
限度額900万円
金利 (年率)1.5%~15.0%
借入方法銀行口座へ振込、ATMで現金受取
返済方法銀行口座から自動引き落とし
公式サイトhttps://www.smbc-card.com/nyukai/loan/cardloan.jsp
三井住友カード カードローンの特徴

三井住友カード カードローンは、クレジットカードで知られる三井住友カード株式会社が提供しているカードローンです。

信販系のカードローンになるので使い道などが自由な点が魅力になりますが、事業性資金へ使うことはできないので注意する必要があります。

三井住友カード カードローンの金利は、1.5%から15%になるので消費者金融の金利に比べると低金利になるので金利を抑えてお金を借りることができます。

毎年0.3%の金利の引き下げサービスというものがあり、借入後の返済に遅れが無い場合に年0.3%ずつ金利が下がっていき、最大1.2%まで引き下げてもらうことが可能になるので、返済する際には支払い期日をしっかりまもると優遇を受けることが可能です。

借入金の限度額は最大900万円ですが、年収の1/3までが借りることができる限度額となります。

ローンカードの発行がされない振り込み専用タイプというものがあり、通常の金利よりも低い金利で利用することができます。

審査に申し込みできる条件は、満20歳以上から69歳以下の方で安定収入がある方です。

この条件を満たしていればパートやアルバイトでも申し込みすることができます。

融資時間は最短5分になり、即時発行で申し込むと5分で審査完了後審査結果の通知が届くので急いでいる方など利用すると便利です。

JCBカードローンFAITH(フェイス)

審査あり
対象年齢20歳〜58歳
限度額キャッシングリボ払い:最大500万円、キャッシング1回払い:5万円
金利 (年率)キャッシングリボ払い:4.40%~12.50%、キャッシング1回払い:5.00%
借入方法銀行口座へ振込、ATMで現金受取
返済方法銀行口座から自動引き落とし
公式サイトhttps://www.jcb.co.jp/loancard/faith.html
JCBカードローンFAITH(フェイス)の特徴

JCBカードローンFAITH(フェイス)は、世界的にも有名な国際カード会社のJCBが提供しているカードローンです。

消費者金融や他社の信販系の会社の金利と比較しても、かなり低い金利でお金を借りることができます。

また5万円までであれば、5%の低金利で利用ができる翌月1回払いも用意されているので、さまざまなニーズに対応することができます。

JCBカードローンFAITHは返済方法が選べる点も魅力になります。

返済完了までの期間がわかりやすい毎月元金定額払いと、徐々に返済額が減っていく残高スライド元金定額払いから自由に選ぶことができます。

キャッシング振り込みサービスを利用することで、スマホやパソコンから申し込めば最短1分で銀行口座にお金を振り込むことができるので、すぐにお金を借りたい方など利用すると非常に便利です。

通常ATMを利用する場合いは220円などの手数料が発生するケースが多いのですが、JCBカードローンFAITH では、ATMの利用時にかかる手数料が月3回まで無料になるので、余計な出費をしなくて済む点もメリットになります。

スポンサーリンク

審査なしや審査が甘い個人向けローン

審査なしで利用できる個人向けローンはありませんが、CREZIT(クレジット)は、他サービスより比較的審査が甘いと言えます。

その理由として、申込条件が20歳以上という条件のみで安定した収入を必須としていない点があります。

そのため無職でも少額であれば借入できる可能性があります。

お金を借りたいけど審査に通らないでお悩みの場合は、CREZIT(クレジット)の利用を検討してみましょう。

ブラックでも借りれる個人向けローン

CREZIT(クレジット)は、ブラックでも借りれる可能性があります。

少額の借入と返済を繰り返すことで信用情報が改善されるので、金融ブラックの状態を改善したい場合にもおすすめです。

それ以外では、消費者金融で借入先を探すことをおすすめします。

個人向けローンでお金を借りる時の注意点

利便性に優れた個人向けローンですが、便利ゆえに注意点もあります。

それはお金を借りるうえで最も重視するべき金利が高く設定されていることです。

企業を対象にしたローンの場合、融資する金額が大きくなることもあり、金利はかなり低く設定されています。

これに対してキャッシングやカードローンは、10%を超える金利が一般的です。

ついつい借りすぎて債務超過になる確率が高いのも注意点です。

はじめてお金を借りた人は、非常に緊張したと答える人が目立ちますが、繰り返し借りることで慣れていきます。

預貯金を引き出すような感覚に陥ってしまうと、債務は雪だるま式に膨らんでいきます。

無理な借入れをしないためには、月に1回は借り方に無理がないか再チェックしてみる必要があるでしょう。

個人向けローンでお金を借りるメリット

キャッシングやカードローンなど個人向けローンの利用者は、日本に軽く1000万人以上います。

原則、融資条件は仕事をして収入を得ていることなので、勤労者の数人にひとりは利用している計算になります。

これほど利用者が多い理由は、困ったときにすぐに借りられるからです。

特にカードローンは利便性が抜群で、ATMやCDから借りられるので匿名性も高いというメリットもあります。

お金を借りるときは、返すこともセットで考える必要があります。

個人向けローンは繰り上げ返済ができるので、返済プランは自分の意思で短縮できるのが特徴です。

例えば24か月の返済プランで利用している場合、繰り上げ返済をして12か月で返済することも可能です。

もちろん一括返済にも対応しており、早期完済をすればした分だけ利息が減るメリットもあります。

タイトルとURLをコピーしました